ソシレミでエラーが出た時

 - by Don

これは伺かアドベントカレンダー2012の24日目の記事です。

SoSiReMiアップローダー

手前で管理しているアップローダーの宣伝めいた記事になります。

SoSiReMiというアップローダーがあります。NARをアップロードすると、中のファイルを全部ZIP展開してサーバ内に配置します。また、updates2.dauを作成し、descript.txtにhomeurlを追記してZIPに詰め直すという、およそアップローダーらしからぬ処理を行います。

descript.txtのhomeurlを読み取るのはSSPの独自仕様なのでSSP専用となりますが、NARをアップロードするだけでネットワーク更新に対応できるという触れ込みで多くのゴーストマスタの方々にご利用頂いております。

ただ、複雑な処理を行うわりに設計が雑でバグも多く、さらに1日の転送量が1GBに達すると使えなくなるという制約があります。また、NARの中身に不十分な点があればエラーを返すようにしていますが、メッセージがわかりにくいという不親切な設計となっていて新規利用者の方々にご迷惑をお掛けしております。

エラーが起きたら

NAR-Station / issuesまでご報告お願いします。特に「500 Internal Server Error」というメッセージが出たら100%アップローダー側のバグです。その時アップロードしようとしたNARも添付して頂けると調査の際に再現できると思うので助かります。

その次に多いと思われるのが「install.txtが無い」旨のメッセージです。これは十中八九、ゴーストフォルダを右クリックしてZIPを作成したため、ディレクトリが一段深くなったものと思われます。NARの実態がZIPなのは確かですが、この方法によるNARの作成は推奨されません(前述のようなことが起こるため)。ゴーストにフォルダをDnDして作るか、SSPのゴーストエクスプローラから右クリックで「NAR作成」を選んで作成するのを推奨します。その際、developer_options.txtを含めておくと良いです。私自身はゴースト配布系自動化システムを使ってNARを作成しています。これが一番間違いがなく便利です。

参考

SoSiReMiの今後

ボロくなってきたので作り直しを考えていますが、無駄に複雑な処理を組んでいるので思うように改修が進まず途方に暮れています。現状しばらくは新規利用も問題ないですが、容量の大きいNARが新規にアップされると転送量の増大に繋がってよく落ちるので、容量の削減にご協力頂ければ幸いです。

No comments yet.