MD5不一致エラーが出た時の対処法

 - by Don

これは伺かアドベントカレンダー2012の9日目の記事です。

MD5不一致エラーが出たら

ユーザさんの場合

作者さんに報告してあげてください。

作者さんの場合

ユーザさんから報告を受けたら、まず自分の環境で再現するか試します。他のことは一切考えすに、ひたすら「再現」させることに集中することが大事です。

再現さえすれば、「直さなきゃ」って気持ちになれます。逆に再現しないと、そういう気持ちになれません。「そっちの環境がおかしいんじゃないの?ウチではちゃんと更新できるよ?」みたいな気持ちになります。

ユーザさんはウソついたりしませんし、仮にエラーを確認したとしても報告してくれる人はかなり稀なので、その好意を無駄にしてはいけません。一番やってはいけないのが、「最新のアーカイブで上書き更新してください」です。何の解決にもなりません。報告者の環境に対して問題を解決することはできますが、報告しなかった/ブログとか見ない他の数十、数百のユーザの環境ではエラーが解決しないままになってしまいます。

再現手段

SSP 2.2.00 Fullsetを用意します(最新のはダメです)。そこにghost/master/descript.txtだけのゴーストを用意します(SHIORIもシェルも要りません)。そのdescript.txtに以下のようにhomeurlを記述します。

homeurl,http://www.example.com/update-dir/

Emilyを立ち上げ、ゴーストエクスプローラからそのゴーストをネットワーク更新します。全てのファイルが降ってくるはずですが、いずれかのファイルでMD5不一致エラーが確認できるはずです。

修正する

再現さえすればこっちのものです。該当のファイルをアップロードし直せば、普通は直ります。または、エラーとなるファイル数が多い場合はサーバ上のファイルを一度全部削除して、FTPで上げ直すのも良いです。

何故SSP/2.2.00なのかとかは長くなるので尺が余ったら別の記事にしようと思います。

No comments yet.