SHIORIの種類と特徴

 - by Don

今までに色々なSHIORIを実際に使ってみて感じたことなどをなんとなくまとめてみます。

使ったことはないけど知っているSHIORIも紹介程度に。

里々

配布元
satoriya-shiori – Yet Another SATORI – Google Project Hosting
特徴
プログラミング経験やSakuraScriptの知識が無くとも日本語による記述で簡単にゴーストが作れる。ゴーストでは最大のシェアを誇る。利用者同士でのサポートやドキュメントも充実している。現在は整備班でメンテナンスが続けられ、バグフィックスや機能追加などを通してかなり使いやすくなっており、個人的にはもはや機能的な不満はない。トークを記述することに主眼が置かれたSHIORIであり、凝った機能を実装するにはやや辛い。

華和梨

配布元
プログラマブル準AI 華和梨
特徴
歴史のある由緒正しきSHIORI。キャリアの長いゴーストマスタに愛用者が多い印象。Windows以外の互換ベースウェアでもまず間違いなくサポートされているため、マルチプラットフォームでの動作が期待できる。ゴースト作成のための機能がひと通りそろっており、多種多様なミドルウェアが有志により提供されている(むしろ乱立しすぎな気がする)。文法に慣れるまで大変だが、個人的にはプログラミング言語のひとつとして楽しめた。

YAYA

配布元
yaya-shiori – Yet Another AYA – Google Project Hosting
特徴
C言語ライクな記法で、ロード時に事前コンパイルによるエラーチェックを行う、厳格なSHIORI。里々、華和梨と合わせて勝手に三大栞と呼んでいる(利用率のシェア的な意味で)。正規表現や数学関数のサポート、多言語文字コード対応
など、汎用プログラミング言語顔負けの多機能さが特徴。…と紹介されることが多いが、自分が一番推したいのは伺かプロトコルのレイヤから好きに弄れる拡張性の高さだったりする。SHIORIにも、SAORIにも、PLUGINにも、HEADLINEにもなる(全部作ったことがある)。Windows以外の互換ベースウェアでは前身のAYAはサポートされてもYAYAがサポートされているものは見かけない。

上記3栞が伺かで使われるDSLとしてメジャーなSHIORI。他にも美坂とか結奈SEとかあるけど使ったことないので割愛します。

以下は個人的に興味を持った汎用プログラミング言語へのプロキシ栞。

里珠

配布元
サイトが死んでるので入手不可
特徴
Perl栞。使ったことはないけどわりと有名なのでご紹介。本家からはテンプレートゴーストが手に入らないけどいるむが里珠を使っているので中身を見たことはある。

紅蓮

配布元
narをアップするところ
特徴
Ruby栞。ファイルをアップロードするSAORIを探してみたけど無いので、Rubyで書いてHTTPリクエスト投げようと思ったらブリッジexeが落ちてSSPごと止まってえらいことになった。目的が達成できなかったのでこれを使った何かをリリースすることはなかったけど、凝ったことする必要がなければRubyの学習教材として面白いと思う。

大蛇

配布元
narをアップするところ
特徴
Python栞。実際動かしてみたところ、ロード時にWarningが出た。Logの出力で何か問題があるらしいけどCわからないので直せない。

D.N.Proxy

配布元
narをアップするところ
特徴
.NET Frameworkで開発できる、たぶん伺か界で史上最強のSHIORI。これが出た当時は.NETって何なのかもわからなかったけど最近ようやく理解し始めて、昨日これを使ったゴーストをリリースしてみたけどちゃんと動いてる、よかった。文字通りなんでもできるSHIORIだけど、何をしたらよいかわからない。猫に小判。

上記以外にもLisp栞とか見たことがある。「井桁」っていうC#栞もあるけどD.N.Proxyが出たのでこっちの方がいいでしょう。

追記

ここまで紹介して気付いたけど、汎用プログラミング言語プロキシ栞はSHIORIとして紹介するのは誤解を与えそうだなと思った。正確にはSHIORIにも、SAORIにも、PLUGINにも、その他伺かプロトコル全て対応できる何か、ですね。

No comments yet.